Tokyo Creative Kids Festival 2017 SHOW REPORT
Tokyo Creative Kids Festival 2017 SHOW REPORT

Special Movie

Creative Kids Project

Creative Kids Project
2020年の大学入試制度の変革で重要視される情操教育に注目し、子供たちの豊かな感性と創造力を表現・発信することを目的としたプロジェクト。2016年4月に東京で初めて開催された「Tokyo Creative Kids Festival」が来年2017年も開催することが決定。 独自の感性を持った子供たち「Creative Kids」が自分で考え、自分を表現するファッションを世界に向けて発信します。

EVENT CONCEPT

Wonder Party~創造力と好奇心がつくりだす世界~

ステージテーマは「Wonder Party ~創造力と好奇心がつくりだす世界~」。
子どもたちの楽しみが詰まった場所「Party」。
そんな「Party」を、自らの想像力と好奇心で表現し、一人一人が光り輝くことで驚くべき素敵な世界「Wonder Party」をつくりだします!
そしてその輝きに秘められた力が鍵となり多くの人の幸せの扉を開くことになるでしょう。
オーディションで選ばれた約300人のクリエイティブ・キッズたちは、ウォーキング、ポージング、ダンス、演技などのレッスンを経て表現力・創造力を磨いて夢の舞台に挑戦。
また、日本を代表するアーティストも駆け付け、音楽パフォーマンスやダンスパフォーマンスを通じて子どもたちの感性と創造力を刺激します。

  • Dance Party

    Dance Party
  • Carnival

    Carnival
  • Japan Festival

    Japan Festival
  • Society

    Society
  • Birthday Party

    Birthday Party

出演者

  • Creative Kids(クリエイティブ・キッズ)

    Creative Kids(クリエイティブ・キッズ)約300名

    多くの応募者の中から選出された約300人の子どもたちは、ウォーキング、ポージング、ダンス、演技など約5か月のレッスンを経て表現力・創造力を磨いて夢の舞台に挑戦。
    子どもたち自らのファッションコーディネイトによるファッションショーをメインに、音楽とダンスとの出会いを通じて、子どもたちが新たな表現の可能性を開花させます。
    ※写真はイメージです。
  • May J.(メイジェイ)

    May J.(メイジェイ)

    日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。
    圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。
    2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。
    記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当。同年の第65回紅白歌合戦に初出場。
    2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。
  • 藤本 真己(ふじもと まこと)

    藤本 真己(ふじもと まこと)

    2006年7月25日 香川県小豆島出身。2歳半よりバイオリンをはじめる。幼少期より、ロシア・イギリスでもバイオリンの経験を積む。
    明るく伸びやかな音色にはひとを惹き付ける魅力があり、御詠歌コンサート、音楽イベント、ファッションイベントなど多方面で活躍中。
    第32回香川県ジュニアコンクール金賞 / 第10回セシリア国際コンクール3、4年の部 第2位 / 第31回全日本ジュニアコンクール第5位 / 第17回大阪国際音楽コンクール第3位
  • 安達新体操クラブ

    安達新体操クラブ

    千葉県市川市、浦安市で活動している新体操クラブ。
    幼児・小学生を対象とした初級クラスから、全国大会・国際大会の選手クラスの子供たちを育成。
    クラブ創立からこれまでに団体競技では全日本ジュニアで優勝13回、アジアジュニア選手権、四大陸選手権でも優勝経験あり。
    個人競技では世界選手権に出場した田原陸子、日高舞、三上真穂の他、海外の競技会や全日本選手権で優勝、入賞を果たした選手も多く輩出。
    またリオ五輪では横田葵子がフェアリージャパンとして団体競技に出場し、8位入賞を果たす。
  • H.HAYASHIDA & ZI-PANG

    H.HAYASHIDA & ZI-PANG

    世界33ヶ国で公演を行い、圧倒的なテクニック・ダイナミクスと、個性的でエネルギッシュな奏法を武器とする和太鼓奏者。
    音楽性や個性を重要視した太鼓ユニットを2000年より立ち上げプロデュース。
    他に類を見ない斬新な”太鼓ジャズ”の世界を繰り広げる。
    日本アカデミー賞授賞式/愛知万博/女子レスリング世界選手権大会/東京ガールズコレクション/ショートショートフィルムフェスティバル/和太鼓フェスティバル/成田太鼓祭/松本城太鼓フェスティバル/陸全高田・太鼓まつり/インターナショナル太鼓フェスティバル(サンフランシスコ)
  • BEST BODY JAPAN

    BEST BODY JAPAN

    日本中・世界中が笑顔で満ち溢れ、そして心身共に健康的な生活を過ごすことを目的に2012年より始まったコンテスト「ベストボディジャパン」。
    個々の日々のトレーニングの目標や、人生の目標となるコンテストとして発展してきており、2017年は国内37~38箇所、及びハワイで大会を行う国内最大規模のボディコンテスト団体。
  • Clown Hat(クラウンハット)

    Clown Hat(クラウンハット)

    1993年~2011までパントマイム劇団汎マイム工房に所属。
    パントマイム以外にも、ジャグリング、一輪車、ダンスなど幅広いサーカスパフォーマンスを行う。
    劇団独立後は、2000年に結成したグループ「くるくるシルク」で、日本全国のみならず、ヨーロッパや、アジアなどの海外のフェスティバルにも招待されるなど、世界各地で活躍。
    TVではBS「おかあさんといっしょ」に4年間レギュラー出演。舞台、大道芸以外でも活躍の場を広げる。
  • Irisbijou(イリスビジュー)

    Irisbijou(イリスビジュー)

    2008年、プロダンサーで結成されたエンターテイメントダンスユニット。
    埼玉スーパーアリーナや神戸ノエビアスタジアム、幕張メッセなどのイベントから、大阪城などで行われた大沢たかお朗読劇「マクベス」などにも出演。
    個人ではB'z、ももクロ、嵐などのバックダンサー、CM、TV、映画、舞台など各方面で活躍。
    またダンサーとしてだけでなく、ハロプロ、AKBグループから大手テーマパーク、舞台やTV番組の振付まで活動も多岐に渡る。
    近年ではダンスボーカルグループとして進化中。
  • 井上さとみ

    井上 さとみ(いのうえ さとみ)

    6歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学卒業。
    青木晶央、井上將興、木野雅之の各氏に師事。
    2009年、ポルトガルで行われたヴィアナ・ド・カステロ国際音楽祭参加。
    2011年に三重県、合歓の郷で行われた第2回木野雅之ミュージックセミナーマスターコンクールにて第2位入賞。
    イヴリー・ギトリス氏のマスタークラスを受講。
    現在は後進の指導にもあたっている。

ジュニアダンサー

  • 菊地 琴々南(きくち ここな)

    菊地 琴々南

    (きくち ここな)

  • 笠井 澪(かさい  れい)

    笠井 澪

    (かさい れい)

  • 大木 実優(おおき みゆ)

    大木 実優

    (おおき みゆ)

  • 高田 歩里(たかだ あゆり)

    高田 歩里

    (たかだ あゆり)

  • 北田 慶斗(きただ けいと)

    北田 慶斗

    (きただ けいと)

  • 光武 涼香(みつたけ すずか)

    光武 涼香

    (みつたけ すずか)

  • 和田 あおい(わだ あおい)

    和田 あおい

    (わだ あおい)

  • 国谷 実優(くにや みゆ)

    国谷 実優

    (くにや みゆ)

  • 松井 紗綾(まつい さあや)

    松井 紗綾

    (まつい さあや)

  • 平野 悠真(ひらの ゆうま)

    平野 悠真

    (ひらの ゆうま)

  • 坂田 佑月(さかた うつき)

    坂田 佑月

    (さかた うつき)

  • 佐々木 凜音(ささき りのん)

    佐々木 凜音

    (ささき りのん)

EVENT INFORMATION

イベント名Tokyo Creative Kids Festival 2017
開催日程2017年2月19日(日)
ロビー開場 11:00 ホール開場 15:00 開演 15:30
開催場所舞浜アンフィシアター(東京ディズニーリゾート内)HP
主催Creative Kids Project(博報堂、ハピリィホールディングス、TSOイノベント)
後援朝日新聞
イベント内容
  • ・約300人の子どもたちCreative Kidsが思い思いのファンションでステージをウォーキングするエンタテインメント・ファッションショー
  • ・ゲストキッズ・アーティストたちによるライブ・パフォーマンス など
出演者
  • ・Creative Kids 約300人
  • ・ゲストアーティスト May J.(メイジェイ)
  • ・ゲストキッズ・アーティスト数組<予定>
入場者数約2,000人
観覧席SS席 10,000円(税込) S席 6,000円(税込) S席子ども 4000円(税込)
シート
チケット販売【ハピリィ先行/ぴあ先行】
申込期間:2016年12月23日(金)11:00 ~ 2017年1月4日(水)11:00
【一般チケット】
発売開始:2017年1月9日(月・祝)10:00~
販売:チケットぴあ
TEL:0570-02-9999
Pコード:634-555 (24時間・音声自動応答)
WEB:http://w.pia.jp/t/tckf/(PC/携帯共通)
店頭:セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗でも直接販売
お問い合せ TEL:03-3539-1246 03-3539-1246

出演者はこちら

Back Number

後援

朝日新聞

衣装協力

Catherine Cottage Angel's Closet

出展企業

ASHIBIUNA 株式会社万雄 HUNTINGTONROLL パルシステム シーボン ほけんのぜんぶ 東京ミモレ
STAFF:総合プロデューサー:船津未帆(FREEGENIC) / テクニカル統括:豊田勝廣(ケイ・インターナショナル) / 振付:浅井みどり・北川史織 / 演出助手:相馬まゆみ / 舞台監督:藤井涼子(アートクリエイション) / 音響:植草慎一(SCアライアンス テクニランド社) / 照明:辻井太郎(劇光社) / 映像:阿部大(オフィスベア) / 美術:成本活明(NAC) / DJ: ake / 総合演出:吉沢響子(FREEGENIC)